ジュースクレンズの要注意ポイント

ジュースクレンズの要注意ポイント

一日普通に生活していると、内臓が消化活動中心に働き、代謝のほうになかなか機能が使われにくくなります。
その上、現代のように甘いものも脂肪分が多いものも好きなだけ食べられるような時代では、食べたものが蓄積されやすくなるのも当然です。
そこで、内臓を少しお休みモードにしてあげて、代謝を活発にさせようというのがジュースクレンズです。
ここでは、ジュースクレンズを行うときに注意しておきたいポイントについてお話しましょう。

 

■事前準備
ジュースクレンズを行う少なくとも2〜3日前からは、水分を多めにとるようにして、糖分や脂分は控えるようにしましょう。
そんなことはジュースクレンズ中にできるだろうと思うかもしれませんが、ある日突然固形物が入ってこなくなると体は何とか穴埋めをしようとします。
どのような方法で穴埋めするかといえば、なるべくエネルギーを使わないようにするのです。
これでは老廃物が排出されにくくなり、逆効果となってしまいますから、体のペースをジュースクレンズしやすいように準備しておくのです。

 

■回復食
ジュースクレンズを終えたら、いきなり普通食に戻るのではなく、回復食で体を徐々に普通の食事に戻していくことも大切です。
ジュースのみの生活が終わったときには、どんな飲食物でも吸収しやすくなっています。
糖分や脂肪分の多いものをとると、まるまる吸収されて体に蓄積されてしまう心配があります。
せっかく頑張ったのに、元の状態にリバウンドしてしまうのでは残念ですよね。
これを防ぐには、ジュースクレンズが終わってから1〜2日は回復食にしておくのがいいでしょう。
消化しやすい動物性たんぱく質を控えた食事をゆっくりとるようにすると、体をビックリさせずに済みます。
購入はこちら⇒ジュースクレンズ 通販

更新履歴